治療例と具体的身体症状の一覧

  • 症例1「怪我をしたわけでもないのに昨年から膝に激痛がはしり始め、杖無しでは歩けなくなってしまった」
  • 症例2「ひざが痛くて歩けなく、夜もうずいて眠れない」
  • 症例3「腰痛でつらいが、何をやっても良くならない」
  • 症例4「朝起きれない。気分が落ち込みうつ状態で一人で家にいるのが怖い」
  • 症例5「学生の頃からの体調不良も治るのだったら治して欲しい」
  • 症例6「顔色や姿勢が悪く、長く立っていられない」
  • 症例7「腰痛は人の宿命だといわれ諦めていたけど、本当に治るの?」
  • 症例8「身体の歪みが妊娠中のアクシデントを引き起こすと聞きました。上の子の出産のときは大変だったのでアゴの治療で歪みを治してください」
  • 症例9「身体の調子があっちもこっちも悪い。歯並びが悪く、かみ合わせの悪さも自覚してるが、これと何か関係があるの?」
  • 症例10「痒い痒い痒い痒い痒い痒い痒い痒い痒い痛い痛いよー」
  • 症例11「年中無休の鼻づまりと年に一度の花粉症、これって治らないの?」
  • 症例12「毎日起こる頭痛を治してください」
  • 症例13「年齢とともにシャクレてしまったアゴを元のようにできるかしら」
  • 症例14「父は既に脳梗塞を起こしてしまったのですが、今から装置治療をしても効果はありませんか」
  • 症例15「うつ病で精神科に通院しているが、仕事を辞めるようにいわれてしまった。家計の収入源である自分が仕事を辞めるわけにはいかない。原因は「精神的ストレス」でもないし「心の風邪」なんかでもないんだ。誰か助けてください。」
  • 症例16「吐き気を伴う頭痛が問題ない訳ないじゃない」
  • 症例17「まだ結婚前なのですが、肌荒れとか、生理不順とかも治りますか」
  • 症例18「何十年もの間悩まされ続けている頭痛も薬を使わず簡単に消えるって聞いたんだけど」
  • 症例19「アゴの治療で姿勢を治すとうつ病が治るって聞いて来たのですが」(母親)
  • 「イライラしてすぐに周りに当たってしまう」

顎位改善(頭部バランス改善)で直立軸は鉛直になるが(骨格筋のポテンシャルエネルギー消失)、脊椎配列不全・骨変形のポテンシャルエネルギー(内在する力)は直ぐには消失しない。これは個別対応の咬合医療の必要性・重要性を意味する。

82歳男性 症例

症例
Copyright(c)2007-2011 あごずれどっとこむ.All Rights Reserved